ベンツの特徴について

ベンツの新車値引き限界額を引き出す!【65万円得した事例も】

更新日:

ベンツの見積書

ベンツの値引き額は新型車だと“値引き額0円”というケースもありますが、タイミングによっては100万円以上の値引きになることもあります。

新車の値引き額は、購入方法、購入金額、ディーラーによっても大きく変わるため、同じ時期に同じ車を買っても、金額差がうまれてしまうのは仕方がないことです。

しかし限界の値引き額は決まっています。限界の値引き額が50万円のベンツを70万円値引きしてもらうということは絶対にありません。

そんなときでも大幅値引きを実現する方法があります。それは今乗っている車をディーラーに下取りしてもらうのではなく、買取専門店などで買い取ってもらうことです。

ディーラー下取りより買取りがお得な理由

 新車価格新車値引きディーラー下取り買取専門店購入価格
Aさん500万円50万円100万円-350万円
Bさん500万円40万円-130万円330万円

Bさんは限界値引きに届きませんでしたが、買取専門店で査定したため、結果的にはディーラーに下取りしてもらったAさんより20万円安く新車を購入することができました。

限界の値引き額を引き出すためには、ディーラーを数社回ったり、ライバル車で見積もりを取ったり、セールスと交渉をしたり手間のかかるものです。

値引き額を5万円上げるのは大変ですが、買取額を10~20万円上げるのはとても簡単です。

複数の買取専門店に査定をしてもらい、競争入札にかけて最高額を引き出すだけです。

無料一括査定には買取専門店だけでなく、ベンツの高価買取をしている専門店なども参加しており、ディーラー下取りより52万円高く売れた事例もあります。

実際に無料一括査定を使った人の7割が、下取りより16万円高く売れていることから見ても買取のほうがお得なことがわかります。

手間と時間をかけずにベンツを安く買いたいなら一括査定で買取相場を把握しておきましょう。

 

ベンツの値引き相場

メルセデス・ベンツ Cクラス W205

あまり値引きをしないイメージのベンツですが、じつは時期によっては大幅値引きをしています。

通常時で車両本体価格の5%前後から、オプションと合わせて車両本体価格の7%前後が値引き相場の目安となります。

値引き額と値引き率の目安(車両本体価格500万円の例)

 本体の値引き額オプションの値引き額
値引き額25~50万円5~25万円
値引き率5~10%1~5%

新型車では値引きがないのが一般的ですが、モデルが末期に近づいてくると10%以上の値引きをすることもあります。

ディーラーのキャンペーンなどもうまく活用すれば、100万円以上の値引きを引き出すことも可能です。

オプションからの値引き額は5~10万円、高い場合で20~40万円ということもありますが、車両本体価格の1~5%を目安にするのが良さそうです。

またベンツの値引き額は車両本体価格だけでなく、付属するオプションやローンなど、購入する人の条件によっても大きな差があるため、安定している値引き相場というものはありません。

新車の値引き額にしても、下取り額にしても、ネット上の口コミと比較するのではなく、実際に見積もりを取って比較することが重要です。

ベンツの値引き額はなぜ大幅な違いがあるの?

新型モデルより末期モデル

新型車は値引き額が少ないですが、マイナーチェンジなどにより旧型の値引き額が少しずつアップしていき、フルモデルチェンジを控えたモデルは大幅な値引きが期待できます。

現金購入よりローン購入

現金よりローンで購入してもらう方がディーラーは利益が増えます。ローン会社からのバックマージンがあるからです。したがってローンで購入する人の方が値引き額が大きくなります。

廉価モデルより高額モデル

ベンツは高額なモデルほど利益率が大きく設定されています。Aクラスで50万円値引きしてもらうよりも、Sクラスで100万円値引きしてもらうほうが簡単です。

 

ベンツの値引き額をアップさせるコツ

新車の値引き交渉

「目標の値引き額50万円だけど、どう頑張っても30万円が限界。。。」

インターネットの口コミサイトや雑誌で値引き相場を調べて、いざディーラーに行ってみると目標額に届かない。このようなことはよくあります。

でも大丈夫です。ベンツの値引き額をアップさせるコツを教えます。

決算期や閑散期を狙う

車の流通が1年で最も盛んな決算期の3月と9月と閑散期の12月が狙い目です。またボーナス時期にはお得なキャンペーンを実施することが多いため、じつは1年を通して値引き額をアップさせるチャンスがあります。

キャンペーンを利用する

新車割引クーポンや特別低金利キャンペーンを利用することで値引き額をアップさせることができます。

在庫車や登録車を狙う

登録済車は中古車という扱いですが、新車と変わらない未使用車です。在庫車や未使用車を狙えばベンツがとても安く購入できます。

ディーラーの見積もりを比較する

ベンツならヤナセとシュテルンを比較。店舗によ経営母体が違うシュテルンどうしで比較するのもOKです。一般的にはヤナセよりもシュテルンのほうが値引き額が大きいと言われています。

ライバル車の見積もりを比較する

もしベンツのみ検討している場合にも、『Cクラス』なら『BMW 3シリーズ』や『アウディA4』など仮想のライバル車があった方が値引き額が引き出しやすくなります。

 

ディーラーの下取りは10人中7人が損をしている?

ディーラー担当者
値引きは50万円が限界ですが、下取りを20万円上乗せします!

合計70万円の大幅値引きをゲット!お得なので購入します!
Aさん(客)

上記の商談例はお得なように見えてじつは大きな損をしています。

ディーラーの下取り額が20万円アップしたからといって値引き額がアップしたと思うのは大きな勘違いです。

これは下取り額を上乗せすることで、トータルの値引き額を大きく見せるセールストークだからです。

ディ―ラーの下取り額は、後から上乗せできるよう、もともと大幅に低い金額設定になっています。

ディーラー下取りで車を売却する人の多くは、買取専門店との比較をしていないため、自分の車の買取相場を知りません。

下取り額が高いか安いかの判断基準がないため、「下取り額は20万円も上がるチャンスはなかなかない」と思い即決してしまうのです。

ディーラー下取りの7割は損をしていると言われています。

買取相場を知らないせいで、“下取り額だけでなく限界の値引き額も引き出せていない”人の多くは、残念ながらそのことに気づいていません。

 

買い替えなら一括査定で買取相場を知る

買取相場を調べる女性 もし買い取り相場を知らずに商談をしてしまったら、下取り額が安いことに気づかず損をしてしまいます。

ベンツを限界値引きしてもらい安く買いたいなら、必ず買取専門店にも査定をしてもらい買取相場を把握しておきましょう。

ベンツなどの金額が高い輸入車ほど、買取専門店に競争させることで買取価格に大きな差がうまれます。

もし売却する車がベンツなら、下取りより50万円以上高く売れる可能性もあります。(私は下取りより65万円高く売れました。)

一括査定は車種・年式・走行距離など必要情報を入力するだけで、全国の買取店に査定依頼ができるサービスです。

申し込み後すぐに買取の概算価格がわかるため買取相場を調べるのに最適です。

 

【無料】ベンツの買取相場を知りたいならこちら

ズバット車買取比較の公式サイト

私が下取りより65万円高く売れた一括査定は【ズバット車買取比較】。

大手買取店やベンツ専門店まで200社以上が加盟している業界最大級の一括査定サイトです。

1分の簡単入力だけで申し込みできて、申し込み後すぐにWEBで買取相場がわかります。

-ベンツの特徴について

Copyright© 【ベンツ買取査定の体験談】最高額で売れたのはこの方法でした。 , 2017 All Rights Reserved.